浪速工業会


 トップページに戻る

ご挨拶  

 

夏の日差しが厳しく、蒸し暑い日が続く今日この頃、会員の皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。

私は、この度、青甍会(建築科卒業生部会)より推薦を受け代議員会にて承認いただき第42代理事長に就任いたしました。

会員の皆様には平素より本会に対し、物心両面において格別のお力添えを賜り有難く厚くお礼申し上げます。

新組織として活勁してまいりますが、何かと至らない点が多々あると思いますが、いろいろと皆様にご相談申し上げ、お知恵をお借りしながら母校の発展に寄与できるよう努力してまいる所存でありますので、より一層のご指導ご鞭捷を賜りますようお願い申し上げます。

本会としては、今後活動していく上でいろんな課題が山積しております。まず、年会費の納入、会員数の減少の問題です。各部会においても数値目標を設定して納入会員数の達成に取り組んでおります。納入会員数の減少に歯止めをかけるべく喫緊の課題として取り組んでまいります。そして、本会の行う事業に対して若年層の参加を願い、世代交代を進めながら、会員相互の親睦と知識の向上を身に付けるためにも是非とも各事業に参加をお願い致します。

最後になりましたが、理事、代議員が一丸となって母校の発展の為、頑張つてまいりますので、会員皆様の熱いご支援ご協力を切にお願いし、関係各位の皆様の益々の弥栄を祈念申し上げ、ご挨拶と致します。

 平成30年6月
    第42代 理事長 高見 積 (昭和38年建築科卒)


  ごあいさつ  
 学校長 大内 維人(第25代校長)


浪速工業会の皆様には、平素より母校の教育活動に物心両面から暖かいご支援とご協力を賜り、誠にありがとうございます。厚くお礼申しあげます。

 平成29年(2017年)は母校創立110周年の記念すべき年であり、このような年に校長として勤務できますことは大変光栄であり、身の引き締まる思いです。

 本校が明治40年(1907年)に「市立大阪工業学校」として創設されて以来、明治・大正・昭和・平成の4時代を常に日本をリードする学校として歩み続けてきましたのは、同窓生の皆様の多大なるご活躍の賜物であり、本校教職員・生徒をはじめとする学校関係者の誇りであります。

生徒たちは、前任の寛座校長が推進してきた、スーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)としての取り組みの中で、バルセロナの6年制職業学校への派遣・都市計画フィールドワーク等のスペイン研修に加え、大学訪問・バイオ燃料工場視察等のマレーシア研修を実施、国際社会で活躍できるコミュニケーション能力を備えた科学技術者を目指して、日々、精進しております。

また、先輩方から受け継いだ文武両道の精神は、「ものづくり」だけにとどまらず、「スポーツ」「文化・芸術」など、多岐にわたって頑張り、輝かしい成績を残しています。

 さて、学校を取り巻く外的要因は、全国的にもこの数年で刻々と変化しておりますが、制度や社会情勢に過度に翻弄されることなく、日々の地道な活動が本校の存在意義を示す事に繋がると考えております。

 そのような中で、浪速工業会会員の方々の各方面でのご活躍は大きな励みとなります。「輝かしい伝統の継承」と「新しい創造」を融合させる必要があるこの時代であるからこそ、今までと変わることなく、母校の益々の発展と学校運営にご支援、ご協力を賜りますようお願い申しあげ、ご挨拶といたします。
  平成29年4月吉日
 トップページに戻る



 Corporate Juridical Person Society of Naniwa Industry 2002-2009 All Rights Reserved